桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

菊池寛

菊池寛著『真珠夫人』を読む

芥川の作品を読んでいて新思潮派なるものが気になり、読んでみた。「真珠夫人」は大正九年六月から年末にかけての新聞小説ー通俗小説である。文春文庫のものを買ったが装画がいい感じだ。蕗谷虹児という方が描いたもののようだ。 夢中になって読んだ。使われ…