閲覧注意 10km走 トレーニング

※河川敷で走っていたらおそらくユスリカがたくさんおり、読むと気分が悪くなるかもしれないため閲覧注意と書きました。

 

来月にある10kmのマラソン大会に向けて、今日は河川敷で10kmを走ってきた。目標は40分だが、今は無理なので、今日の設定タイムは1キロあたり4:20(=10kmで43:20)にした。できた。約42:40。

4:20で10km走ることはなかなかできなくて、今日やっと、という感じだ。前からの練習で3km、5km…と少しずつ距離を延ばし到達した。7月は10km50分も切れなかったので、いい感じにタイムが伸びている。

 

涼しいのは良かったが、今日の天気が雨で時間も夕方ごろなのでユスリカがたくさんいた。今まで見たことないほどの虫の量だった。蚊柱が渦巻いていた。1000匹以上は服や顔、首やらについて、それを取り除いているから、集中できなかった。ユスリカがいなければきっと、41分台で走れてたかもしれない。疲れはそこまでではなかった。ユスリカを取り除きながら、eye of the tigerが頭で流れていた。

 

ユスリカの住む場所なので、申し訳ない。と言っても、集中するために今度からはせめてマスクをしようか。雨の日は河川敷を走らないとか。ユスリカに害は無いみたいなので、まあよかった。かゆみとかは別にない。

 

10km走った後は、目標タイムの40分を1キロに分割すると4:00なので、それを4本やった。それぞれの休憩はてきとう。短い方がいいみたいだけど、余裕がないので数分それぞれ休んだと思う。できた。だんだんと1キロ4分以内に慣れつつある。スピードに慣れるのが大事みたいだから何本もやりたい。1.5キロでやってみるのも良さそうだし、いずれは4:00より速く設定もしようと思っている。400mなど短めの距離だったら、1キロあたり3:40ペースとかで今はやっている。 

 

今日のトレーニングはそんな感じ。

 

10km ガーミン

f:id:kankeijowbone:20220902214115j:image

f:id:kankeijowbone:20220902214112j:image

 

マラソン大会 10kmに出ます

今度10kmのランニングの大会に出ようと思う。10月にある。 

 

最近はまたランニングをしている。

 

5年くらい前に熱中してやっていた時期があって、でもそこからずっと走っていなくて、そして太り、今年に入ってくらいからまた走り始めた。

 

目標タイムは40分以下だ。

 

5年くらい前だと、自分は一番良くて39:18だった。

 

今は遅くなって厳しいけど、また40分切ることを目指して頑張りたい。

 

結果はもしかしたら、書くかもしれないです。

マンマ・ミーア!を見た/ABBAの曲

なんかブログを書くのは久しぶりだ。

 

ネットフリックスでマンマ・ミーア!を繰り返し見ている。

明るくて楽しかった。父親が誰かわからないのにポジティブに描かれてるような感じがした。音楽も楽しい。この映画で一番良かったのはなんといっても音楽だと思っている。セリフはあんまり頭に入ってきてないけど。

 

ABBAの曲はリズムが好きだ。歌詞の前半(1番?)部分(1-2分くらい)なら歌詞を見ずに歌える。このごろは洋楽の歌詞を覚えるのにハマっていて。映画で出てきたのは全部で20曲くらいあるみたいだ。そのうちの9曲は前半は何十回も練習したので歌える。

 

自分が前半だけなら歌詞を見ずに歌える曲

Money, Money, Money

Mamma Mia

Dancing Queen

Lay All Your Love on Me

Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight)

SOS 

Does Your Mother Know

Take a Chance on Me

Waterloo

 

何でもいいけど、映画に出てきた洋楽の全曲を覚えてみたいっていうのが自分の中で目標として一つあって。残りの曲も前半だけなら歌える状態まで練習したい。

ゴースト 映画 繰り返し見てます

映画ゴーストをまた見た。リスニング対策として映画も見ようと思ってまた見返したくなった。合計3回見た。自分は映画を繰り返し見る習慣が無いけど、見る度に新たに気づくことがあったり、セリフも聞き取りやすくなるし、いい。この場面ではこういうこと話すんだってわかってるからセリフは聞き取りやすい。

 

ポルターガイストを起こす電車にいる怖い人は癖になった。いきなり出てきて、びっくりする。地下鉄のガタガタ、キーキーした耳に響く音と共に出てくるから余計に。音と言えばこの映画は印象的な音がいくつかあった。瓶を階段からコロコロと落として割れる音なんかは迫力あった。車の鍵を閉める度キュッて音も印象に残っている。

Unchained Melodyを覚えたら(モコ・ビーバー・オリーブので覚えた)映画を見るのがより楽しくなったからまた曲覚えようかなーと思ってる。サムがヘンリー8世の歌をオダ・メイのそばでずっと歌ってたのを見て笑った。今度はヘンリー8世の歌も覚えようかな。

'How much?'って聞かれて、オダ・メイの'20 dollers'って答えるところの言い方が好きだ。

オダ・メイとサムが口論してる時に、オダ・メイは'He's got an attitude now.'って言った。ここのattitudeは生意気なって意味みたいだ。態度という意味しか知らなかった。

 

映画を見るのがなんだか楽しくなってきて、ゴーストを見た後も今は熱中して他のを見てる。

 

 

サンフランシスコに行きたい

アメリカで行ってみたいところと言えばいくつかあるけど、ひとつはサンフランシスコだ。スコット・マッケンジーのSan Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)って曲が好きだったり、ゴールデンゲートブリッジを見てみたいと思ったり。

 

ここ2ヶ月くらいかかってやっと読み終わったサンフランシスコの昔と今を大きな写真付きで比較した英語の本(San Francisco then and now)がある。

 

もしサンフランシスコに行ったら訪れてみたい場所を書いていきたい。本やウィキで調べたことも一緒に。

 

・ゴールデン・ゲート・ブリッジ

サンフランシスコって言ったらここっていうイメージがある。1937年に完成した。もともとフォート・ポイントっていうアメリカ軍の施設があって(126の大砲を収容するくらいの大きさ。)、橋はその上に架かってる。橋を作るに当たりフォート・ポイントを解体するって案もあったけど解体されてないので今でも見えるみたいだ。

 

・ロンバード・ストリート

写真では見たことがあった。なんでこんなクネクネ曲がってるのだろうか?って疑問に思っていた。これは傾斜27度もあって危険だから、その危険を減らすためにしたみたいだ。あんまりその文章を読んでピンと来なかったけど雨の日だと坂が険しいと滑りやすかったり、あとは、真っ直ぐでなく曲がることで何台もの車の玉突き事故を防げるのかな?と思った。速度は時速8キロみたい。すごいゆっくりだ。ちなみにこのロンバード・ストリートには車道だけじゃなくて歩道も左右にあって、歩行者はもっと軽快だから車道みたいにカーブしてない。本には建設当初である1922年のロンバード・ストリートの写真があって、今みたいに花や草は植え込まれてなかった。

 

・コイト・タワー

サンフランシスコの町を眺めたい、労働者を賛美した壁画が飾ってあるようで見に行きたいなと思った。リリー・コイトさんがサンフランシスコを美しくするためにということで遺したお金で作ったタワー。コイトさんは15歳の時に消防士の火を消す手伝いをし、その後も消防士の支援者だった。ここら辺りはテレグラフヒルと呼ばれており、テレスコープが元々あって、ゴールデン・ゲートに船が入ってきたのを見るための観測地点だった。コナンさんの動画でコイト・タワーに登ってデタラメなガイドをするシーンがあった。笑った。

 

 

・ペインテッド・レディ

最初ペインテッド・レディって聞いてどんな女性なのか…?と思っていたが、人ではなく、建物のことを指す。昔からこう呼ばれてたわけではなく、1978年に書かれた本にペインテッド・レディという言葉が出てきて定着したようだ。フルハウスのオープニングクレジットにも出てくるみたい。ビクトリアン女王(在位1837~1901)やエドワード7世(在位1901–1910)の頃の建物で、カラフルな色の家が並ぶが、第一次・第二次世界大戦の頃は色がグレーになったり、解体されたのもあった。でも、1960年半ばから再び家をカラフルにする運動があった。

サンフランシスコに住んでる人によるペインテッド・レディについて分かりやすい動画があった。動画には近くの公園や壁画も紹介されており、そこも見に行きたいと思った。

 

 

読んだ本

カラーで、写真がいっぱいあって、サンフランシスコに詳しくなれた。よかった。