桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

開高健

開高健著「裸の王様」(第38回 (1957年下半期) 芥川賞受賞作)を読む

開高健のものは初めて読んだ。以下、話の内容や感想等を述べる。 話の内容 比喩がうまい まるで主人公のぼくは心理学者の様だった 感想 参考 話の内容 大田太郎が山口の紹介でぼくの画塾に来ることになった。山口は小学校の教師をする傍ら自分でも絵をかいて…