桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

柴田翔

柴田翔著「されど われらが日々——」(第51回 (1964年上半期) 芥川賞受賞作)を読む

柴田翔のものは初めて読む。以下話の内容や感想を述べる。 大意 印象に残ったところのまとめー同世代を抜ける 全体的な感想 選評 参考 大意 大学院生である私(大橋)と大学を卒業しある商事会社に勤める私と婚約を決めた彼女の節子は遠縁の親戚であり、親しか…