Charles Bukowski

ブコウスキーの"Factotum"を読んだ

・内容 書かれている時代は第二次世界大戦の際中、また、終わりである。Post Officeと同じ名前である主人公のヘンリー・チナスキーは精神科医に向いていないということを言われたこともあり、兵役にはつかないでいる。そして本の題名のFactotum、「雑用係」…

ブコウスキーの『郵便局』を読んだ

・本書とブコウスキーと郵便局について(ウィキを参照した) チャールズ・ブコウスキー(1920-1994)はロサンゼルスの郵便局(USPS)で働いていた。1952年から3年程、代理の郵便集配人として働き辞め、その後1958年にまた戻り1969年まで郵便物の分類などをしていた…