桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

重兼芳子

重兼芳子著「やまあいの煙」(第81回 (1979年上半期) 芥川賞受賞作)を読む

以下話の内容や感想などを述べる。 内容 感想 選評 参考 内容 主に二人の人物が出てくる。一人はこの話の主人公と言えるだろう、敏夫で、彼の仕事は死体を焼くことであり、父の仕事を引き継いだ。もう一人は正子で、ある県には老人専門病院ができて寝たきり…