桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

芝木好子

芝木好子著「青果の市」(第14回 (1941年下半期) 芥川賞受賞作)を読む

以下話の内容や感想などを述べる。 内容 主人公は八重。長女で、仲買人で、築地市場の問屋定文(さだぶん)で働いている。八重はこの仕事を好きでしている。また、未婚である。 八重の家族の事情や八重が結婚しないかという問題であったり問屋で働いている様…