桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

石原慎太郎

石原慎太郎著「太陽の季節」(第34回 (1955年下半期) 芥川賞受賞作)を読む

「太陽の季節」は6,7年前読んだことがあり、当時抱いた感想はあまりはっきりしないが青い感じのするというものであったが今回は2度目の読書ということもあるのだろう、もっと鮮明にどういう展開か、ということを追うことが出来たような気がする。が、船に関…