桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

有吉佐和子

有吉佐和子著『紀ノ川』を読む

有吉佐和子の本は『華岡青洲の妻』を読んだことがあるが、あまり覚えていない。医薬品の実験台をさせられていたような……という記憶しかない。それ以外に『青い壺』も途中まではいったのだが、登場人物の多さに最後まで読むことはできなかった。 『紀ノ川』は…