桃尻関係

桃尻と書いてもじります。哲学、地名、本の感想などを中心に書いていきます。

後藤紀一

後藤紀一著「少年の橋」(第49回 (1963年上半期) 芥川賞受賞作)を読む

話の内容 感想 印象に残ったところ 選評 後藤紀一について 参考 話の内容 中学三年生の少年が主人公となって話の内容はかかれる。少年の母や姉と親父は現在別居中で、少年は家を行き来する。親父の家は町にある川の向こう岸にある。少年は自転車で橋を渡り、…